ブログ

都構想について、大正での地域懇談

公明党の態度変更で府議会、市会で繰り返し議論の末否決された都構想の協定書案が昨日の法定協議会でほぼ原案通り可決され二月議会を経て住民投票になることが色こくなりました。昨日の大正での地域懇談で質問が続出。小原市議と一緒に大阪市を五つの特別区にするなど市民生活犠牲でカジノとインフラ整備の開発政治につながるものとお話ししました。
今朝も大変冷えましたが尾上市議、後援会の皆さんと岸里駅でニュースを配り宣伝しました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。